· 

さてどうしたものか

しばらく前からの懸案事項だった搬入について、本日あかし市民広場管理から連絡をいただき、決定事項を伺いました。

 

一言で言うと、『んな、アホな~!!』という決定事項でした。

 

 

1階の荷捌場から搬入出来る車は『8台限り』

 

「時間に関係なく1日8台しか荷捌場を使わせない」という事です。

 

 

意味が分かりません。

 

 

搬入開始から搬入終了までイベントスタッフが常駐する事は現状のままです。

 

では、9台目からは?

 

当然思いますよね~。

 

それならば、一般用の地下駐車場を使用してもよいのかと思いきや、地下駐車場からは『スーツケースおよびキャリーケース』のみ搬入が可能という事です。

 

以前は搬入が可能とされていた2輪の運搬具をはじめ、アウトドア用キャリーカート・シングルハンガー類もすべてNG。

 

あとは運搬具を使わず手運びのみ許可するという事です。

 

つまり、多くの出店者にとってとてもとても厳しい内容で決着したようです。

 

4月中に使用申請が許可されているイベントのみ5月は変更前の搬入が可能という事で、6月からはすべてのイベントで新ルールが適用されるとの事です。

 

 

正直これでは・・・・。

 

このままではイベントそのものが成り立たないかもしれないというくらいの、驚きの内容です。

 

あかし市民広場管理いわく、「今日決まった事なので今後パピオスあかし管理組合側と話し合いを継続して行なう」との事ですが、大幅な譲歩は見込めないような印象でした。

 

さて、どうしたものか・・・。

 

色々と思うところはありますが、不満を並べてマイナス思考を働かすより、この与えられた条件でどうすればいいのか、何か方法があるのではないか、知恵を絞れば名案が見つかるはず!というプラス思考で対策を考えたいと思います。

 

また進展があればblogでお伝えいたします。

 

スポンサーリンク